決算議会(第3回定例会の報告)
2011年10月08日 土曜日

9月6日に開会された第3回定例会が10月4日に閉会しました。

今回は平成22年度の決算認定作業だけでなく

補正予算提案に含まれていた中心部3中学校統合に関わる議案審査もあり

非常に重たいテーマを投げかけられた定例会でした。

今回の第3回定例会において取り上げたテーマと主張をご報告します。


9月7~9日 補正予算査等特別委員会

中心部3中学校統合を前提とした補正予算の提案に反対しました。

宮下案から常盤案に転換してきた経緯と

地域住民を交えて議論を進めてきた検討会議の設置を含めて

一定の手続きを踏んできたことは尊重すべきものとしても

統合地域の住民が一定の署名を集める反対活動を展開していることは重たい事実であり

学校統合の大前提である地域住民の理解と協力て進めていくという

市が定めた計画に明記をされている文言、またその計画の精神に照らして

その声に向き合う努力は必要であり、強引に進められるものではない。

仮に、このままでも対象地域の理解を得られると考えているのであれば

例えば当初案の際に行なったアンケート調査を常盤案としても再実施するなど

改めて、地域住民の意思を把握するなどの担保がなければ認められるものではない。

という主張のもと議案に反対しました(議会としては賛成多数により可決)。


9月20日 大綱質疑

平成22年度決算の検証で国民健康保険事業会計と市立病院事業会計を取り上げました。

国民健康保険事業会計は、昭和の時代から赤字決算が続きこれまで題視してきました。

最大で平成19年度には24億円を超える赤字決算となっていたものが

今回の平成22年度収支として11億円の黒字という劇的な黒字回復となりました。

たった3年間で35億円もプラスに転じたことになるわけです・・。

国保会計の累積赤字が解消されたことは評価しつつも

ここ数年、毎年度黒字になった一つの要因でもあった

医療費の過剰積算の問題とそれによる国保料への必要以上の転嫁の問題があります。

とりわけ高いと言われている旭川市の国民保険料ですが

ここ数年は結果的に最大で年間に8400円程度多く徴収してきたことになります。

こうした経過を踏まえた国保料の更なる軽減を求めました。

市立病院については、この2年間、資金収支ベースで赤字決算が続いています。

(平成21年 2億6000万円の赤字、平成22年 1億5900万円の赤字)

最大の原因では言うまでもなく整形外科常勤医の不在による診療縮小の影響であり

その影響額は平成20年で2億6000万円、21年で1億5900万円の減収を招きました。

求人に対して応募がないという現実的な課題はあるものの

市立病院事業会計の健全化に向けてまずは早期にこの問題を緊急的に対応すべきです。

続きへ

このトピックスを全て見る

↑ このページのトップへ