決算委員会が始まりました
2010年09月23日 木曜日

現在、開会中の第3回定例会は一般質問・大綱質疑を終えて決算委員会に入っています。

16日(木)に行った一般質問では

市政最大の課題と位置づけられている中心市街地の活性化と

10月7日から開催される旭川市開村120年記念事業についてを取り上げました。

 

・10月9日から新たな駐車場共通利用制度が試験実施されること

・まちづくり財源確保のための買物公園におけるフラッグ広告の導入が可能であること

・まちづくりの視点から民間事業者が取り組んでいる街頭放送と連携をしていくこと

・経営破たんが危惧されるまちづくり会社については抜本的な改革が必要であること

・統一ブランド米「大雪山見て育ったの」から今後は旭川産ゆめぴりかの展開を目指すこと

などが答弁で示されたと思っています。

(9月14日一般質問動画)

http://www.asahikawa-city.stream.jfit.co.jp/vod_play.php?CNTID=24290&PREVPAGE=%CC%E1%A4%EB

 

引き続き21日からは決算委員会が始まりました。

平成21年度の決算について10月1日まで委員会で集中審議を行います。

 

早速、今日、僕の1回目の質疑順が回ってきました。

今日は、安心安全条例に基づく実効的な取り組みとして

地域の市民委員会で実施をされている青色防犯パトロールの拡大展開支援について

広報やノウハウなどの情報提供の支援を求めました。

また、子育て支援に関係する「一時預かり保育事業」を担う保育所の増設を求めました。

現在、旭川市では一定の保護者ニーズを満たしていると判断していますが

受け入れ対応は決して充分ではなく保護者のニーズは市の認識より高いのが現状です。

待機児童のカウントも行われていないことからニーズ量の再調査の上での検討を求めました。

 

祝日明けの24日(金)には引き続き30分程度の質疑を行う予定です。

不妊対策事業の効果検証による拡大実施や所得制限の緩和

保育料の滞納問題に関わる延滞金設定の必要性についてを取り上げる予定です。

 

前述の本会議と異なり委員会は残念ながらインターネット中継がありません。

24日、10時から。

本会議と異なり委員会では一問一答方式で質疑が展開されています。

委員会は議会での直接の傍聴に限られますが議会の雰囲気を感じて頂きたいと思います。

一般質問の要旨
2010年09月14日 火曜日

現在、第3回定例会の真っ盛り。

水曜日からは一般質問、21日からは大綱質疑の後に決算委員会が開会されます。

西川市長の任期最後の定例会ですのでなるべく市長にも答弁を求めたいとは思いますが。

 

僕は16日の4番目に登壇予定(14時頃)

以下、現段階での質問要旨です。

 

1 中心市街地の活性化について 

・中心市街地活性化基本計画の進捗状況

 計画策定の進捗状況(電気自動車の運行やガーデン計画、TMO・まちづくり会社体制の構築など)

 国との協議経過と今後の協議予定は

 市長の中活計画の取り組みに関する考え方は

 

・まちづくり会社体制の見直し

 まちづくり会社の経営状況についての問題認識は

 現まちづくり会社の位置づけを今後、どのように考えていくのか

 今後の中活の事業推進にあたっての推進役として旭川市や商工会議所による増資や

 金融機関の人的・経済的支援など早期に再建を図る必要性についての認識は

 市長の政治判断とリーダーシップを求めたいと思うがお考えは

 

駐車場問題への対応

・新たな駐車場共通利用制度の展開

 昨年度実施したアンケートの結果とそれに対する対応予定は

 何店舗の加盟を目標としているか 

 混乱を避けるために事業開始時期を120年記念事業にあたる予定日から繰り上げる必要はないか

 

・パーキングメーターの設置

 他都市に見られるパーキングメーター設置はどのような手続きをもって設置することができるか 

 短時間利用などアクセス向上のひとつの手段としての必要性についての見解は

 

自主財源の確保に向けて

・フラッグ広告事業の導入

 商店街あるいはまちづくり会社における自主財源確保のために導入するとした場合の課題は

 条例の改正によって可能となるという認識で良いか

 

・街頭放送について

 条例上の規制を受ける広告物の扱いにはならないのか

 どのような権限で許可されているものか

 行政上の使用料(占用料)はどのくらいの金額になるのか

 本来、中心市街地活性化の財源獲得に向けて活用されるべきものではないのか

 民間事業者との間で連携を協議することはできないか

 

 

・地区計画の活用 

 まちづくり協定はあるようだが現在の運用状況についての認識は

 関係者の意識や環境の変化への対応と内容の精査を図る必要はないか

 まちづくり協定と地区計画の違いは何か

 関係者と再協議の上、地区計画を定める必要性についての見解と課題認識は

 

 

2 開村120年記念事業について

 

     「食べマルシェ」その後

 今後の食に関するイベント開催の考え方と

 中活基本計画に盛り込まれている恒常的なマルシェ開催の考え方は

 今回の事業によって何が残るのか。テントなどの備品や出店に関わるノウハウなどはどのように引き継がれるのか。今回の事業を通して具体的にマルシェの取り組みを今後どのように恒常的に開催する予定なのか

 

・米ブランド化の推進と米文化の発信 など

120年記念事業の展開 

 米どころ旭川としての積極的な発信力を期待するが取り組みの概要は

 GOPANSANYO)の取り組みについての評価と活用予定は

 「ゆめぴりか」はどのように活用されるのか

 120年記念事業に合せて「ごはんの日」を制定して市民の米に対する関心・消費を高める取り組みを図るべきと考えるが見解を

 

米ブランド化の推進 

 「大雪山見て育ったの」の展開については役割が終わっているのではないか。現状認識と事業の総括的な評価は

 「ゆめぴりか」ブランド推進のなかで旭川ブランドをどのように構築していくのか

 旭川米にこだわることなく圏域でのブランド構築が必要と考えるが見解を

 

本会議の様子は直接傍聴もできますしホームページ上での議会中継でもご覧頂けます。

(議会中継)  http://www.asahikawa-city.stream.jfit.co.jp/

第3回定例会始まる
2010年09月07日 火曜日

今日から平成21年の決算議会「第3回定例会」が始まりました。

まずは補正予算審査特別委員会の後に一般質問、そして決算審査特別委員会の流れで

10月5日までの議会です。

 

明日は補正予算審査等特別委員会。

中国人観光客への観光案内サービスである中国人観光客おもてなし事業や

エゾシカ駆除と活用促進事業。

米粉パンの学校給食の導入についてなどを取り上げて質疑予定です。

 

一般質問は16日(木)の4番目です。

4 上村 ゆうじ(無党派ネットワーク)
(1)中心市街地の活性化について
  ア 中心市街地活性化基本計画の進捗状況
  イ まちづくり会社体制の見直し
  ウ 新たな駐車場共通利用制度の展開
  エ パーキングメーターの設置
  オ フラッグ広告事業の導入
  カ 街頭放送について
  キ 地区計画の活用など
(2)開村120年記念事業について
  ア 「食べマルシェ」その後
  イ 米ブランド化の推進と米文化の発信など

 

(質問議員と通告内容はこちら)
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/gikai_somu/situmon/situmonntuukoku.htm

 

↑ このページのトップへ