謹賀新年
2010年01月06日 水曜日

2010年が始まりました。あけましておめでとうございます。

昨年は丸井今井旭川店の閉店があり

旭川市にとっても厳しい現実を突きつけられる一年でした。

私は、これまで北彩都事業を好機と捉えた中心市街地の活性化を自らの最大テーマとして

取り組んできましたので、このタイミングでの閉店は残念でなりません。

一方で、丸井ショックとも言える変化もありました。

行政関係者や商店街関係者、市民の皆さんが

改めて中心市街地に目を向ける機会にもなりました。

今や中心市街地の活性化は多くの皆さんが旭川市政最大の課題と捉えています。

 

本年の10月には、遂に新駅舎が一部開業することとなります。

旭川の新しい「顔」がその姿を現すこととなります。

時を同じくして、この地域の「食」の魅力を内外に発信する

開村120周年記念事業が予定され全市民がこの区切りの一年を祝う瞬間が訪れます。

この一年は、旭川にとって、大きな流れの中での重要な一年になります。

 

2010年。

私にとっても、いよいよ本年の4月からが議員の任期の最終年度です。

結果は100点ではないかもしれませんが、これまで必死に向き合ってきました。

皆さんから頂いた期待とチャンスを活かし

このふるさと旭川の再生のために力の限りを尽くします。

 

「ReBirth(再生)」

 

今年一年、旭川再生の一年と位置づけることとします。

 

どうか、皆さんにとっても本年が何かのきっかけとなる一年でありますように。

また、この旭川のために

市民の皆さんと共に力を携えて未来に向っていきたいと思います。

↑ このページのトップへ