出前議会(議会報告会)のお知らせ
2007年11月28日 水曜日

第3回定例会を振り返る会派としての議会報告会

普段、市議会議員が何をしているのか。

議会は何を議論しているのか。

そんな事を少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

今回の目玉はコンプライアンス条例。

議員の口利きと議員のあり方とは・・

皆さんと議論する時間を頂き

私たちも今一度考えてみたいと思います。

気軽にどうぞ。

**************************************************


旭川市議会無党派ネットワークによる
第3回出前議会のお知らせ

12月2日(日)
14:00−15:45
障害者福祉センターおぴった(会議室)
※無料駐車場有り

もちろん入場無料です(事前申込み不要)

<主な内容>

第3回定例会のあらまし
競馬場の整理と補償で、おいくら?
空港ビル管理業務委託契約の不思議?
話題のコンプライアンス条例って?

出前議会(議会報告会)のお知らせ
2007年11月28日 水曜日

第3回定例会を振り返る会派としての議会報告会

普段、市議会議員が何をしているのか。

議会は何を議論しているのか。

そんな事を少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

今回の目玉はコンプライアンス条例。

議員の口利きと議員のあり方とは・・

皆さんと議論する時間を頂き

私たちも今一度考えてみたいと思います。

気軽にどうぞ。

**************************************************


旭川市議会無党派ネットワークによる
第3回出前議会のお知らせ

12月2日(日)
14:00−15:45
障害者福祉センターおぴった(会議室)
※無料駐車場有り

もちろん入場無料です(事前申込み不要)

<主な内容>

第3回定例会のあらまし
競馬場の整理と補償で、おいくら?
空港ビル管理業務委託契約の不思議?
話題のコンプライアンス条例って?

いよいよ佳境に
2007年11月27日 火曜日

一気に冬景色となってしまった旭川。

でも気づけばもう12月も間近なんですね。

先週から審議を再開したコンプライアンス条例。

取りまとめを・・と前回の日記でお伝えしましたが

訳あって延期となりました。

で、明後日に再開します。

その訳とは・・

この条例をより良いものにしようと

それぞれの議員が提案を含めた様々な議論を活発化させたためです。

これまで、議案の審議については

ほとんど全員が賛成。。

そしてごくごく一部が密やかに反対の意思表示をして終わり。

そんな感じで、本当にコレでいいのか!!

とこれまた密やかに突っ込んできたところですが・・

今回はこれまでと少し雰囲気が違うんです。

この流れには多いに歓迎すべき傾向であり

これからも、もっともっと活発な議論が行われる議会となるよう

一立場からも発信できるよう努めていこうと思います。

西川市長の「コンプライアンス条例」という提案が

予期せずして議会に刺激を与えたのかなとも。


さあ、いよいよ来週からは第4回定例会。

終わる頃にはクリスマス前だから。

2007年もあっという間に終わりそう。

今定例会は、これまでにも増して僕も露出が多くなる予感。

この激動の一年のラストを力いっぱい、そして軽やかに飛び越えていきたいと思います。

2007年第4回定例会の日程は12月3日から18日まで。

詳細なスケジュールは追ってまた。

いよいよ佳境に
2007年11月27日 火曜日

一気に冬景色となってしまった旭川。

でも気づけばもう12月も間近なんですね。

先週から審議を再開したコンプライアンス条例。

取りまとめを・・と前回の日記でお伝えしましたが

訳あって延期となりました。

で、明後日に再開します。

その訳とは・・

この条例をより良いものにしようと

それぞれの議員が提案を含めた様々な議論を活発化させたためです。

これまで、議案の審議については

ほとんど全員が賛成。。

そしてごくごく一部が密やかに反対の意思表示をして終わり。

そんな感じで、本当にコレでいいのか!!

とこれまた密やかに突っ込んできたところですが・・

今回はこれまでと少し雰囲気が違うんです。

この流れには多いに歓迎すべき傾向であり

これからも、もっともっと活発な議論が行われる議会となるよう

一立場からも発信できるよう努めていこうと思います。

西川市長の「コンプライアンス条例」という提案が

予期せずして議会に刺激を与えたのかなとも。


さあ、いよいよ来週からは第4回定例会。

終わる頃にはクリスマス前だから。

2007年もあっという間に終わりそう。

今定例会は、これまでにも増して僕も露出が多くなる予感。

この激動の一年のラストを力いっぱい、そして軽やかに飛び越えていきたいと思います。

2007年第4回定例会の日程は12月3日から18日まで。

詳細なスケジュールは追ってまた。

コンプライアンス条例について
2007年11月21日 水曜日

今、前回の第3回定例会より引き続き継続審議となっている

旭川市制における公正な職務の執行の確保等に関する条例

審査特別委員会が開かれています。

・・長い名前ですね。

僕はコレをコンプライアンス条例と呼んでいます。

カタカナ表現を極力使わないようにということらしいのですが・・。


昨日は最後の質疑者による質疑が行われ

本日は市長質疑と言うことで

直接、西川市長に条例についての質疑が行われました。

そもそもこの条例案は市長の公約であるため与党野党の思惑があり。

議員の口利きに関するデリケートな内容を含むこともあり。

なかなかスムーズに進んでこなかった面があります。


しかし、そもそも議員の口利きとは何か。

この解釈が非常に難しいところもあるのです。

「知り合いを市営住宅に優先的に入れてくれ!」

誰が考えてもコレはダメですよね。

じゃあ、仮にの話しですが

生活困窮者が明らかに不当な行政判断により市営住宅に入れていない。

何とかならないものだろうか。

市民の方からそのような相談を受けた場合

議員がなんとか解決を図ろうとそのことを市役所に相談する場合はどうか。

ある人はそれもやはり圧力になりかねないから避けるべき。アドバイスに留めるべき。

という考えもあれば

それは議員として是正を求め、困っている市民を救う行動をすべき。

との考え方もありました。


僕は、極力、個人的なハナシには議員は立ち入って関与すべきではない。

基本的にはそう思っています。

それでも尚、自分の中でわからなくなる部分もあるのです。

個人ではなく組織のためならいいのか。

特定の地域のためならいいのか。

個人ではなく数人の話ならどう?


皆さんはどう思いますか?



不当要求行為(条例でいうところの口利き)の定義をめぐっては

様々議論がありましたが

確かに明確に定義づけが出来ないところもあるように思います。

そこで、私たちは、これまでの質疑のなかで

まずは、こういった行為を可能な限り記録に残すこと。

そしてその当否を公の元で判断してもらうこと。

議員は個人の判断で自信をもって正当な議員活動を行えば良い。

そのような趣旨で運用方法についての質問や提案をしてきました。


明日、判断の取りまとめが行われます。

さて。

コンプライアンス条例について
2007年11月21日 水曜日

今、前回の第3回定例会より引き続き継続審議となっている

旭川市制における公正な職務の執行の確保等に関する条例

審査特別委員会が開かれています。

・・長い名前ですね。

僕はコレをコンプライアンス条例と呼んでいます。

カタカナ表現を極力使わないようにということらしいのですが・・。


昨日は最後の質疑者による質疑が行われ

本日は市長質疑と言うことで

直接、西川市長に条例についての質疑が行われました。

そもそもこの条例案は市長の公約であるため与党野党の思惑があり。

議員の口利きに関するデリケートな内容を含むこともあり。

なかなかスムーズに進んでこなかった面があります。


しかし、そもそも議員の口利きとは何か。

この解釈が非常に難しいところもあるのです。

「知り合いを市営住宅に優先的に入れてくれ!」

誰が考えてもコレはダメですよね。

じゃあ、仮にの話しですが

生活困窮者が明らかに不当な行政判断により市営住宅に入れていない。

何とかならないものだろうか。

市民の方からそのような相談を受けた場合

議員がなんとか解決を図ろうとそのことを市役所に相談する場合はどうか。

ある人はそれもやはり圧力になりかねないから避けるべき。アドバイスに留めるべき。

という考えもあれば

それは議員として是正を求め、困っている市民を救う行動をすべき。

との考え方もありました。


僕は、極力、個人的なハナシには議員は立ち入って関与すべきではない。

基本的にはそう思っています。

それでも尚、自分の中でわからなくなる部分もあるのです。

個人ではなく組織のためならいいのか。

特定の地域のためならいいのか。

個人ではなく数人の話ならどう?


皆さんはどう思いますか?



不当要求行為(条例でいうところの口利き)の定義をめぐっては

様々議論がありましたが

確かに明確に定義づけが出来ないところもあるように思います。

そこで、私たちは、これまでの質疑のなかで

まずは、こういった行為を可能な限り記録に残すこと。

そしてその当否を公の元で判断してもらうこと。

議員は個人の判断で自信をもって正当な議員活動を行えば良い。

そのような趣旨で運用方法についての質問や提案をしてきました。


明日、判断の取りまとめが行われます。

さて。

視野を広げて
2007年11月16日 金曜日

先週、東京へ出向き

「中核市サミット」

「2007マニフェストアワード」

に出席してきました。

どちらも日頃の旭川のなかでの話しを飛び越え

広い視野を取り戻せたように思います。

マニフェストアワードにはあの宮崎県知事の

東国原知事もいらっしゃっていました。

特別賞の受賞です。

議会人が全国で取り組んでいる実例や人そのもの。

多いに刺激を受けてきました。

手始めにこのどうしようもないホームページを

どうにかしようと思い始めた今日この頃です。

視野を広げて
2007年11月16日 金曜日

先週、東京へ出向き

「中核市サミット」

「2007マニフェストアワード」

に出席してきました。

どちらも日頃の旭川のなかでの話しを飛び越え

広い視野を取り戻せたように思います。

マニフェストアワードにはあの宮崎県知事の

東国原知事もいらっしゃっていました。

特別賞の受賞です。

議会人が全国で取り組んでいる実例や人そのもの。

多いに刺激を受けてきました。

手始めにこのどうしようもないホームページを

どうにかしようと思い始めた今日この頃です。

カルチャーショック
2007年11月04日 日曜日

旭川に戻りました。

視察最終日は宮崎市へ。

東国原知事の宮崎県の県庁所在地でもある

宮崎市。

ココへは

?景観都市への取り組み

?企業誘致への取り組み

を学びに行きました。

景観については

緑のまちづくりと屋外建築物の規制による統一景観づくりが行われています。

確かに、駅を降りてすぐ目に付いたのは

椰子の木々でした。

目抜き通りや国道の中央分離帯にも。

そして市庁舎広場にも。

僕は旭川の街も緑が溢れるまちにしたいなと思っています。

先輩の観光都市である宮崎を参考事例とします。 


それから、企業誘致については・・

ここ数年、実績ゼロと小額予算の状況下にある旭川市。

ある幹部職員からはあきらめに近い発言も聞いていました。

しかし、ココ宮崎は凄いのです。

僕も使用している「デル」コンピューターのカスタマーセンターを誘致して1000人規模の雇用を生み出したのを筆頭に、数々の誘致実績をあげています。

担当者の方の説明のなかで印象的だったのは

気候が良い。

天災が少ない。

雇用状況が良くないから人材が溢れている。

気候が良いかどうかは別として

旭川にも言えることではないのか!?


宮崎市は今後も2つの工業団地を造成予定で

この2つも早々に充足する予定とか。

東国原知事がトップセールスで首都圏にて

企業誘致セミナーも開催しているようです。


この差は何なのか。

決してあきらめてはいけないのかも知れません。

?宮崎市役所

?宮崎県庁

カルチャーショック
2007年11月04日 日曜日

旭川に戻りました。

視察最終日は宮崎市へ。

東国原知事の宮崎県の県庁所在地でもある

宮崎市。

ココへは

?景観都市への取り組み

?企業誘致への取り組み

を学びに行きました。

景観については

緑のまちづくりと屋外建築物の規制による統一景観づくりが行われています。

確かに、駅を降りてすぐ目に付いたのは

椰子の木々でした。

目抜き通りや国道の中央分離帯にも。

そして市庁舎広場にも。

僕は旭川の街も緑が溢れるまちにしたいなと思っています。

先輩の観光都市である宮崎を参考事例とします。 


それから、企業誘致については・・

ここ数年、実績ゼロと小額予算の状況下にある旭川市。

ある幹部職員からはあきらめに近い発言も聞いていました。

しかし、ココ宮崎は凄いのです。

僕も使用している「デル」コンピューターのカスタマーセンターを誘致して1000人規模の雇用を生み出したのを筆頭に、数々の誘致実績をあげています。

担当者の方の説明のなかで印象的だったのは

気候が良い。

天災が少ない。

雇用状況が良くないから人材が溢れている。

気候が良いかどうかは別として

旭川にも言えることではないのか!?


宮崎市は今後も2つの工業団地を造成予定で

この2つも早々に充足する予定とか。

東国原知事がトップセールスで首都圏にて

企業誘致セミナーも開催しているようです。


この差は何なのか。

決してあきらめてはいけないのかも知れません。

?宮崎市役所

?宮崎県庁

宮崎よりレポートです。
2007年11月01日 木曜日

昨日は兵庫県の小野市に行ってきました。

小野市は民間出身で3期目となる蓬莱(ほうらい)市長が就任してから

独自の市政運営がなされてきたようです。

いじめ担当グループでは

学校教育の現場だけにとどまらず

パワハラやセクハラなど多様な「人権侵害」への対策として

市長部局として独立の相談受付機関を設けています。

今後、いじめ防止条例や、いじめ追放都市宣言、行動計画の策定を予定しているとのこと。

間接的に市長の強い意志が伝わってきました。

この市長が面白いのは、行政管理にも独特の手法を用いて市政改革を行っていることです。

市長に就任するなり「官に失望した」とのコトバを発し

行政にはなかなか採用しにくい

職員の能力成果主義を採用。

なんと、民間企業で言うところの

インセンティブ給与(賞与)を導入しているそうです。

(意義ある行政運営を提案し実現した職員の成果に応じて5万円の特別手当を支給しています)

職員が自ら改革案を提案し、勉強会やその発表会まであるとか。

6万人足らずのまちでしたが

市長を称える誇らしげな市の職員や市民の顔が印象的でした。

行政だから・・とあきらめがちなその仕組みを大胆に改革し

市民にまちに対する誇りを取り戻すこと。

今の旭川に求められていることだと思います。

宮崎よりレポートです。
2007年11月01日 木曜日

昨日は兵庫県の小野市に行ってきました。

小野市は民間出身で3期目となる蓬莱(ほうらい)市長が就任してから

独自の市政運営がなされてきたようです。

いじめ担当グループでは

学校教育の現場だけにとどまらず

パワハラやセクハラなど多様な「人権侵害」への対策として

市長部局として独立の相談受付機関を設けています。

今後、いじめ防止条例や、いじめ追放都市宣言、行動計画の策定を予定しているとのこと。

間接的に市長の強い意志が伝わってきました。

この市長が面白いのは、行政管理にも独特の手法を用いて市政改革を行っていることです。

市長に就任するなり「官に失望した」とのコトバを発し

行政にはなかなか採用しにくい

職員の能力成果主義を採用。

なんと、民間企業で言うところの

インセンティブ給与(賞与)を導入しているそうです。

(意義ある行政運営を提案し実現した職員の成果に応じて5万円の特別手当を支給しています)

職員が自ら改革案を提案し、勉強会やその発表会まであるとか。

6万人足らずのまちでしたが

市長を称える誇らしげな市の職員や市民の顔が印象的でした。

行政だから・・とあきらめがちなその仕組みを大胆に改革し

市民にまちに対する誇りを取り戻すこと。

今の旭川に求められていることだと思います。

↑ このページのトップへ